旧身体美学ブログ アーカイブFhysical Aesthetics

2009年9月

鳩山政権の未来 9月3日

今まで厳しく政権批判してきた。
野党の気楽さで。
今度は自分が厳しい立場に立つ。
結果を出す責任がある。

本当に自信があるのだろうか。
根拠のある自信が。
期待できると思う人がいるのだろうか。

あまり変わらない。
あるいはかえって悪くなる。
そのどちらかの可能性が高い。

甘い期待はする方が悪い。
裏切られたなんて怒るのは自分が甘いだけ。
いい結果が易々と出る時代とはとても思えない。
悪くて当たり前と考えた方が失望しない。

政局の月になった? 9月5日

のりピー報道から政局

八月をもってのリピー報道一段落。
月変わって話題の中心は政局に。
今思えば重ならなくてよかった。

政局もかすむほどのネタだっただけに。
テロにも等しいいわばのりピー爆弾。
並みの話題はすべてふき飛ばしてしまう。
悲惨な事故や事件よりはましだが。

ただ政局も熱狂するほどの話題ではない。
オバマ大統領就任ほどのインパクトなし。
同大統領の支持率も下がってきたし。

存在感あるのは小沢氏だけ。
のりピーに負けないのは小沢氏だけ。
今月ははたして誰の月になるのか。

9.11から8年 9月11日

何が変わったのか?

テロとの戦いを標榜した大統領はすでに退場。
罵声を浴び、追われるように去った。
アフガン侵攻当時は最高の支持率だったが。

テロの首謀者は今だ行方掴めず。
アフガン国内の問題は何も解決していない。
大統領選も民主化も名ばかり?。
イラクも本質的に同じ。

米国内ではバブル経済が暴走。
世界経済を危機に陥れた。
災いの元はいったいどこにあるのか。

オバマ大統領は疫病神の前任者とは違う?。
だが早くも支持率50%を切ってきた。
これからさらに厳しさは増していくだろう。

日本のマスコミの無知もひどかった。
全然真実を伝えていなかった。
たぶんその自覚もなく今は忘れている。
9.11はもう歴史の一部なのかも知れない。

イチロー選手偉業達成 9月14日

快挙なれど

また新たな大リーグ記録を達成。
日本人が賞賛するのは当たり前。
いや日本人でなくても賞賛するだろう。
記録を正当に評価するならば。

誇大に粉飾する必要などまったくない。
だが某局の番組表に「全世界注目」の見出し。
これはまったくの大嘘だ。

注目しているのは日本人と米国の野球ファン。
全世界の大多数はほとんど知らない。
全世界が当てはまる競技は限られる。
陸上のボルト選手やサッカーの有名選手など。

今回指摘するのは初めてではない。
オールスター戦出場時も同じ表現を。
本当にそう信じているのだろうか。
イチロー選手自身大嘘など望んでいないだろう。
国民栄誉賞辞退した選手だけに。

かたなし?鳩山政権 9月18日

初日から暗雲?

選挙当時から話題を奪われがちだった。
幸い?組閣の日こそ免れた。
だが記念すべき始動初日にぶつかった。
運命のいたずらにしても出来過ぎの観。
歴史的転換のみもふたもない。

注目はほとんどのりピーに奪われた。
まさしくのりピー爆弾によるテロ。
マスコミがほとんどジャックされた。
騒ぎ過ぎの批判などどこ吹く風。

首相、閣僚の初日などふきとばされた。
記憶に残るのはのりピーの表情だけか。
そういえば閣僚はどんな顔ぶれだったっけ。
てな程度かも知れない。

束になってものりピーより印象薄い?。
鳩山政権の未来を暗示している?

首相外交デビュー 9月23日

のりピー報道一段落

一カ月続いた狂騒に幕。
で、やっと鳩山政権が主役に。
ただ注目の的は首相夫人かも。

見た目も個性も派手で目立つ。
日本の首相夫人としては際立って異色。
美意識も明らかに違う。
特に欧米では首相より目立ちそうだ。

ただ首相が持ち上げられるの今の内だけ。
これから厳しい現実が待っている。