旧身体美学ブログ アーカイブFhysical Aesthetics

2009年4月

拡大進む特番 4月2日

テレビ恒例の期末期首特番

民放のゴールデンはすべて特番。
二時間枠は当たり前、3時間もざら。

筆者は三時間もつきあう気になれない。
濃い内容が持続するとは思えない。
確実に普段より視聴時間が減る。
普段も減りつつあるのだが。

実際高視聴率の出る特番は少ない。
出版業界に似ている?。
つまり本は売れないのに出版点数は多い。
売れないから増やすという悪循環だ。

今後も見たい番組が増えるとは思えない。
デジタルへの移行も迫るが。
メディアが増える中で役割も変わるだろう。

テポドンとテレビ 4月4日

テレビの本領発揮?

テポドン発射後10分以内に速報。
この速さはテレビの面目躍如。
首相とわずかな時間差で国民も知る。
テレビの特性を痛感する。

速く知りたいときは頼りになる。
日頃辛辣な見方をしているが。
質では頼りにならないが。
これは見る側が使い分けるべきこと。

ニュースがあるときこそ威力発揮。
娯楽性も無視はできない。
楽しむことも確かにある。

危ないのは情報の質だ。
最も欠けているといって過言でない。
速報性と相容れないとも言える。

視聴率20%台ゼロ 4月9日

週間視聴率ランキング

昔は毎週上は30%台くらいだったらしい。
昨今は20%台に届く番組がちらほら程度。
大きく突き抜けることは少ない。

テレビをつけると怒濤の特番番宣。
派手なほど見る気がなくなる?。
中には質が高いものもあるのだろうが。

そう感じるのは筆者だけではなさそうだ。
見出しのように先週は20%台ゼロ。
怒濤の特番ラッシュの週だったのに。

開幕したプロ野球はランク外。
WBCの勢いはどうしたのか。
ただランク入り直前で悪い数字ではない。

だが開幕時に高い数字が出ないのは厳しい。
過大評価気味のWBCは追い風にならない?。
真価が分かるのはこれからだ。

週刊新潮の偽記事 4月11日

どう責任を取るのか

朝日新聞へのテロ事件の真犯人の告白手記。
同誌は同大スクープとして大々的記事に。
ところが正体は詐欺師による偽物だった。

ようするに詐欺師に騙された訳。
大嘘を信じて世紀の大スクープ報道。

悪いのは騙した詐欺師なのか。
騙された被害者ですといえるのか。
詐欺師がうようよしている世界のはず。
嘘を見抜くのもジャーナリズムの仕事だろう。

言論の自由を標榜するなら当然責任も従う。
いったいどう責任を取るつもりなのか。
日頃他人を厳しく糾弾しているだけに。

マスコミ人が本当に高いものは何か。
志やモラルや教養ではない。
エリート意識、特権意識である。

女性五輪評価委員長 4月16日

ナワル・ムータワキル委員長

アラブ系初の女性金メダリスト。
それも陸上400mハードルの金。
陸上短距離系の金のステータスは高い。

最も確かな身体能力の証明だからだ。
中国の劉翔選手の英雄ぶりもその証明。
北京五輪ではボルト選手が大会の華に。
技術では補えない能力が必要だからだ。

彼女はアラブ系人種の力を証明した。
だが高いのは身体能力だけではない。
いわゆるスポーツバカではない。
頭脳も明晰で五輪委員として活躍。
評価委員長の大役も今回が二度目。

彼女もまた天が二物を与えた人だ。
今後も見る機会あるかも知れない。

その後のアフガン 4月18日

侵攻後八年の今

しばらくはこう表現されていた。
タリバンの残党。
壊滅した山賊の生き残りのように。
発想はまったく同じだろう。

だがさすがに実態にそぐわない。
と気づいたのか使われなくなってきた。
やっとアフガンの現実が見えてきた?。

おそらく米国の変化に気づいたのでは。
新大統領は当初アフガンを主戦場と位置づけた。
米軍を増強して戦うと。
だがトーンダウンしてきた。

戦略の危険性に気づいたのか。
侵攻から八年経過してやっと認識?。
新大統領の責任ではないが。

日本はパキスタンに経済支援する。
だが甘い認識ではうまくいかないだろう。

三週連続低迷視聴率 4月21日

常態化した?

NHKの大河ドラマがかろうじて20%超。
三週連続20%台ゼロは免れた。
だが三週間でたった一本だけ。
怒濤の特番ラッシュの中で。

スポーツはフィギアスケートがランク入り。
ただ16.3%と特に高い数字ではない。
全体が低いので上位にきている。
とはいえ数少ない人気スポーツであるのは確か。

プロ野球はそれがかなわなくなった。
土日は放送があってもデーゲーム中心。
ゴールデンには耐えられない?。

米大リーグも同じ傾向にある。
日本人は米大リーグを過大評価している?。
世界の舞台というなら大相撲も同じだ。
今は外国人力士も多いことだし。
相撲のワールドシリーズである。
横綱は世界チャンピオンだ。

今日は「昭和の日」 4月29日

昭和の日は何の日

年号のついた祝日はこれだけ。
年号とは何かと言えば天皇の在位期間。
いいかえれば天皇の時代。

当然日本独自の時代区分。
西暦と混在するのはややこしい面もある。
反面時代区分が明快な便利さもある。
さらに歴史的、文化的意義、重みもある。

昭和の日は昭和天皇の誕生日が起源。
同時代日本人は歴史上かつてない経験をした。
昭和は遠ざかりつつあるが重みは消えない。
故に祝日として名をとどめる。

今も歴史の分岐点として重みを持つ。
すなわち戦前、戦後である。
それだけで意味が通じる。
ただ今日の意味を知らない日本人が多い?。