旧身体美学ブログ アーカイブFhysical Aesthetics

2007年6月

当然の結果?社保庁 6月8日

温室は腐敗の温床

前にも同じことを書いた。
だがその後もさらなる問題発覚。
くりかえしになるがこれは当然の結果。

民間会社が人命に関わる事故を起こせば悲惨。
責任者、関係者は集団リンチにあう。
会見に引きずり出され、針のむしろに座らされる。
市中引き回しの刑に近い。

だが社保庁にはそういう心配がほとんどない。
温室の中で安泰に暮らせるような環境にある。
それで腐敗が起きなかったら奇跡に近い。

大問題なのに当事者たちは直接糾弾されない。
これはマスコミにも国民にも責任があるだろう。
官僚に支配されていても気づいていないのか。
長いものには巻かれろという国民性なのか。

そういえばパソコン市場でも似た体質を感じる。
マックやリナックスのシェアは依然伸び悩んでいる。
内容の割にバカ高いビスタに文句も出ない。
妥当な価格と思っているのだろうか。

滝川アナ妙な演出 6月11日

報道番組?ニュースJAPAN

同番組はあまり見ないので気づかなかった。
滝川アナの映し方である。
斜め横から映していることくらいは既知。

それがさらにドアップときた。
さらに当人も応えるように笑み。
一瞬ニュース番組であることを忘れそう。

何だこの演出は。ファンサービス?。
しかも左斜め横からのドアップ。
これは一般的に最もきれいに見えやすい角度。
実際この方向に一番自信を感じる人が多い。

それを承知で誰かが演出している?。
それとも本人の希望?。
隣の男性アナに同じ演出はない。
彼女だけの特別の演出であることは確か。

女子アナの華やかさで視聴率アップ?。
民放らしいとも言える。
テレビの報道に質など期待していないし。

爆発事故と爆弾テロ 6月20日

同じ爆発だが・・

都内の温泉施設で爆発事故が起きた。
豪華な造りだが驚くべき欠陥施設だった。
起こるべくして起きたと言えるだろう。

設備の配置を見れば分かる人には一目瞭然。
基本設計に欠陥があったのだ。
こういう欠陥は社会全体に蔓延している。
今後も減るとは思えない。
ただそれでも海外と比べると非常に少ない。

同じ日イラクの首都では爆弾テロが発生。
八十人以上の死者が出た。
いかに凄惨な事態か想像できるだろうか。

米軍は別な地域で武装勢力の掃討作戦を展開。
侵攻以来の大規模な集中攻撃だという。
二月以来掃討を進めているが成果は見えていない。

曙二世?ボブ・サップ 6月24日

もはや野獣ではない

復活するという。
単にリングに復帰するだけであろう。
今後活躍ができるとは思えない。

野獣の断末魔を見せるショーになりかねない。
それは一連の曙の戦いの二の舞。
視聴率のための悲しい茶番だ。
サップにはすでにその兆候が見えていた。

番宣で野獣パフォーマンスを演じていた。
だが高笑いも空しく響く?。
戦前にこういうこと書かれたら迷惑だろう。

視聴率上げるために番宣しているだけに。
だが終わってからでは結果論だと言われる。
という訳で事前に書く次第。
派手な番宣しなければ書くこともなかった。

ついに20%割れ視聴率 6月27日

テレビ離れは本物?

先々週はかろうじてトップのみ20%台。
先週はついにすべて20%台に届かず。

ランキング欄の見出しも「一大事」
担当者はそこで過去の同時期の記録を調べたという。
結果十年遡ってみてもありえない数字だった。

スポーツがランクから消えて数カ月経つ。
日曜日はK1が放送されたがやはりランク外。
最近は上位に入ることが多かったのだが。

それもそのはず、日曜ゴールデンの内容ではない。
ボブ・サップの試合は上で予想した通り。
まさに曙の二の舞、大男の惨めな大茶番劇。
それがメインイベントとは視聴者をなめている?。

フジも亀田戦流すTBSと同じらしい。
自らテレビ離れを加速させるだけだと思うが。

牛肉偽装社長の本音 6月28日

正直な暴言?

原因の一端は「役所や消費者がバカだから」
後で撤回はしたが、同社長はそううそぶいた。
これは絶対本音である。

悪徳社長だけではない。
現場の人間は同じ実感を持つことがあるのだ。
机上の空論しか知らない学者や役人、マスコミ。
マスコミに踊らされる消費者。

知るほどにまじめにやることがバカらしくなる。
同社長も何かのきっかけがあったのだろう。
もちろんあったにしても許されないが。

極上黒豚、〜黒毛和牛。
最近よく見聞きする表現だ。
いったい違いが分かる人がどれほどいるのか。
仮に分かってもおいしさの違いは感じない、が真実。

同社長は実態を把握していたであろう。
偽装は同社以外でも多々起きている。
同社長の本音は的外れとも言えない?。