旧身体美学ブログ アーカイブFhysical Aesthetics

2006年3月

荒川静香の勝因 3月1日

荒川選手の勝因分析が続々と出てきている。
タイムリーな話題だけに筆者流の分析を少々。

五輪での優勝は才能と努力と運がなければ実現しない。
当然荒川選手も例外ではない。
才能と努力については筆者が語るまでもない。

ここではあまり話題にならない運について。
五輪の金メダルに縁のない名選手が多々存在する。
実力がありながら運に恵まれないためだ。

荒川選手には勝利の女神がついていた。
最大の幸運は最も充実した時期と五輪が重なったこと。
その時期が遅かったことも結果的に幸いした。

次に時代に恵まれた。フィギア界はいい環境にある。
指導者がしっかり戦略を立てて努力してきた結果である。
彼女は一人で国民の期待を背負わずにすんだ。
集中して本番に臨むことができた。

スルツカヤが本命視されていたことも追い風だった。
日本国内ですら特に本命視はされていなかった。
彼女にとって調整しやすい環境ができていた。

遠因まで挙げればまだまだある。
前回女王のサラ・ヒューズがプロに転向したこと。
彼女が出場していたら強敵になったことは間違いない。

ミッシェル・クワンがけがで出場断念したことも同じ。
全盛期は過ぎたかも知れないが近年最大級の女王だ。
しかも運のない彼女は五輪での優勝がない。
出ていれば優勝に執念を燃やしたであろう。

彼女の才能と努力にこれらの運が見事に結びついた。
才能と努力が運を呼び込んだとも言えるが。
彼女は戦う前から輝きを放っていた。
それがライバルにプレッシャーをかけた。
戦う前から勝っていたとも考えられる。

与野党が恥の応酬 3月4日

どちらの目も節穴?

与党の幹事長はいうまでもなく重要な要職。
それが堀江前ライブドア社長の実体を見抜けなかった。
息子とまで持ち上げてしまった。大変な恥さらしだ。

だがそれすらも恥合戦の序盤に過ぎなかった。
野党が恥を攻撃材料にしようとしたのは自然な流れ。
ところが今度は野党がガセネタを見抜けなかった。

しかもその後の対応が恥の上塗りを重ねた。
それも党代表までが二重三重に。
その辺の情報は溢れかえっているからここでは省略。

幹事長の大恥が色あせるほどの超大恥をさらした。
与野党が恥をさらしあうこれほどの大恥合戦は前代未聞。
口ではもっともらしいことを言うが思考力はないに等しい?。

だが原因を作った某議員も含めて皆選挙で選ばれた議員。
彼らの頭脳が人並み以下ということもないはず。
ようするに人間とはそれほど愚かしい存在だということ。

当事者になってしまえばとたんに自分が見えなくなる。
偉そうに彼らを批判するマスコミだって同じ穴のムジナ。
幹事長同様、堀江元社長を持ち上げていたのだから。

辻元元社民党議員を思わず連想した。
彼女も国会で鈴木宗男氏を疑惑の総合商社と激しく追求。
だが自分の疑惑が浮上すると明らかな嘘をついた。
冷静に考えれば、ばれることが分かりきった嘘を。

誤解拡大?イスラム 3月6日

原理主義はイスラムだけではない?

イラクでは宗派対立が激化し、内戦寸前の緊張状態にある。
近年ただでさへイスラムは危険なイメージを持たれている。
イスラム原理主義者といえば、テロリストの代名詞の観もある。

そんなときにイラク国内での宗派対立。
互いに対立宗派の市民を殺すテロの応酬。
これでは益々、危険(野蛮?)なイメージが高まる。

有名な識者が排他的な一神教と断じていた。
一方日本は他の宗教を受け入れる寛容さがあるとの認識も。
だがこれはまったくの誤解である。
欧米一辺倒の日本人がいかにイスラムに無知であるかの表れ。

実は宗派の分裂が非常に少ないのがイスラムの特徴の一つ。
大きく分ければスンニ派とシーア派の二つだけ。
様々な宗派に分裂、乱立するキリスト教とは大きく違う。
(仏教も宗派が乱立している点はキリスト教と同じ。)

だからキリスト教のように凄惨な宗教戦争は起こしていない。
違う民族でもイスラムであれば同胞と考えるのも特徴の一つ。
その点は日本人の方がむしろ排他的だ。

さらに他の宗教にも本来排他的ではない。
中東でもキリスト教徒と共存してきた歴史がある。
中世よりイスラム文明が支配する地域である。
だがキリスト教も排除することなく認めていた。

イスラム原理主義者も他の宗教を敵視してはいない。
彼らが憎むのは欧米の近代文明、近代思想であろう。
欧米の帝国主義が成してきた歴史に対する強い反感も。

むしろキリスト教原理主義者の方が排他的ではないか。
起源は同じヘブライズムだが、イスラムもユダヤも認めていない。
ブッシュ大統領もキリスト教右派から支持を受けている。
イラクの宗派対立も欧米の影響が大きな影を落としている。

消えた?安藤美姫 3月10日

五輪前は安藤選手が最も目立っていた。
愛称もつけられた。CMにも一番多く登場していた。
人気、注目度の高さを反映した結果であろう。
あるいは五輪での活躍を期待していた?。

だが結果は入賞圏外、荒川選手と明暗を別けた。
その明暗は企業にとっても当人以上に大きい。
荒川選手をCM起用した企業は大いに株を上げた。
単にCM効果だけではない。

五輪優勝を予見したような眼力を想起させる。
仮に真相がそうでなかったとしてもである。
少なくとも事前に荒川選手を評価した視点の確かさを。
荒川選手も大人なら起用した企業も大人だと。

一方安藤選手を起用した企業はといえば。
お前のところは単なるミーハーだろう?。
そう思われても仕方ないかも知れない。
若く経験の少ない彼女にどんな期待をしていたのか。

なぜ荒川選手や村主選手を無視したのか?。
スポーツもフィギアもよく知らなかったのでは。

筆者も荒川選手の優勝は予想していなかった。
メダルに届く可能性は一番高いと感じていたが。
次に高いのが村主選手、安藤選手はないと思っていた。
安藤選手は次回を期待する。

ただ浅田真央選手の登場で出番が減りつつある。
CMもすぐに消えた。変わって浅田選手が登場。
安藤選手は荒川選手のようになればいい。

爽健美茶のCM 3月16日

先月批評した爽健美茶がCMに急きょ、荒川選手を起用。
それも五輪の映像をそのまま使うという荒技。
それだけ早く使いたかったのだろう。

まさに金メダリストに飛びついた格好。
なりふりかまわないとはこのこと。
ミーハーぶりもここまで徹底すれば見事。
前の出来が悪かっただけに早く変えたのは一応正解か。

ただ過去には非常に出来のいいものもあった。
当たり外れが極端な感じだ。
とても同じ制作者とは思えない。
今回のドタバタ起用といい、ポリシーは感じられない。

荒川選手に次ぐ注目度といえばやはりカーリング娘。
今のところ、とびついた企業はないらしい。
メダリストではないから難しいのだろう。

しかし五輪の主役が荒川選手一人とは寂しい限り。
米国に次ぐ経済大国としては悲惨と言った方がいい。
米国に次ぐ数の大企業がひしめいている。
でも五輪のヒロインはたった一人・・。

トリノで日本大健闘 3月19日

本物のメダルラッシュ

パラリンピックで日本選手が大活躍。
続々とメダリストが誕生している。
惨敗に終わった五輪とはまったく対照的。

だが誇大報道体質のマスコミも小さな扱い。
たった数個でもメダルラッシュと報道する体質のはずが。
本物のメダルラッシュが起きているのにそう表現しない。
金メダリストもたいして讃えられない。

勝利を目指してがんばっている点はまったく同じ。
努力、精神も質的に同じはず。
精神主義の日本人はもっと注目していいはずでは。

といってマスコミを責める気はない。
責めても意味がない。
肝心の国民がほとんど興味を持っていないのだから。
といって国民を責める気もない。

健常者のスポーツと同じものとして見ることはできない。
それが現実なのだろう。
スポーツの本質からして仕方ないのかも知れない。

おそらく外国でも同じであろう。
努力しても同じに評価されない選手は気の毒だが。
社会の現実はきれいごとでは成り立たない、というしかない。

それにしてもパラリンピックだとまるでドイツ並みの強さ。
しかし日本がスポーツ大国と言われることはない。
それがすべてを物語っている。

本当?WBC世界一 3月22日

日本は大リーグより上?

日本が土壇場で実力を発揮、世界一に輝いた。
大きな舞台で実力を発揮した選手を讃えたい。
ただ手放しで喜べない疑念も残る。
せっかくの栄誉に水を差す訳ではないが。

なぜなら本場は米国、大リーグのはず。
日本選手でも一流の人は大リーグを目指す。
イチローや松井選手など大物ほど目指す。

大リーグが最高の舞台と認識しているからだ。
であるなら米国が強くなければおかしい。
つじつまが合わない。

日本のプロ野球の方が上なら大リーグなど無意味。
アマチュアのキューバと日本が決勝。
やっぱり違和感を禁じ得ない。

そういえば五輪も公開競技のときは日本が優勝している。
それと一緒にしたら選手に対して失礼だが。
ただ世界一というには未熟な大会であるのも事実。
釈然としないものが残るのは、やはり米国が元凶。

米国シリーズをワールドシリーズなんて誇大表示する。
ワールドシリーズの覇者こそ世界一?。
だから五輪やWBCに興味がない?。
そんな発想だと世界的競技にはなりえない?。

不遇続く?村主選手 3月28日

金メダルの後光を放つ荒川静香選手。
有色人種初初の金メダリストの威光は衰えない。

一方メダル逃した村主選手は光が当たらない。
五輪後ほとんどマスコミの前から姿が消えた。
マスコミから無視された?。

だが五輪以来の世界選手権に元気に登場。
銀メダルに輝いた。だがやはり光は当たらない?。
マスコミの扱いは小さい。

五輪組で出場したのは彼女だけ。
そして五輪に続く上位入賞、しかも過去最高の成績。
三大会連続メダル獲得も日本選手では初。
だが彼女の不遇は続く。でも仕方ないとも言える。

荒川選手は世界選手権で優勝もしている。
だがそれほど大きな注目は浴びなかった。
五輪と世界選手権ではそれだけ価値が違うのだ。

しかも直前の五輪での荒川選手の優勝の後だ。
注目度が上がらないのもやむをえない。
ただ安定した実力者として多くの結果を残している。
正当な評価をされていないことは確かだ。

荒川選手はプロ野球の始球式にも登場した。
金メダリストだから当然でもある。
荒川選手に続き浅田真央選手も登場予定らしい。
若い彼女より村主選手の方が実績あるのだが。